健康

救急車に乗る

昨日お母さんの調子がまた悪くなって、いつも行ってる病院で点滴をお願いしよう と軽い気持ちで出かけたのに、そんな悠長な事言ってる場合じゃない、でも当直の医師が内科じゃないから対応できないとかで、、、あれよあれよというまに別の病院に救急車で搬送されることになってしまった😳

お薬手帳とか持ってないし、サンダルやし、、、、ここまで車で来たのにどーすんのよ😖 と色々思っていたのだけれども「一緒に乗りますか?」と言われて いいえ ともいえず、、、付き添いとして乗車しましたよ。

しかし救急車 もっと乗り心地がいいもんだと思っていたのに、ガッタンガッタンゆれるし、暑いし、酔いました😨 。あんなところで色々処置しているのか、、、救急隊の人たち凄すぎる。尊敬だわ。お母さんはあれに乗って余計に調子悪くなった気がするけどな。。。

色々と検査されたりして、結局そのまま入院することになり、手続きやらお母さんの様子を見てたりして夜遅くなったんだけれど、ここからどうやって帰るんだ?って状態に陥る。病院広すぎてどこが出口かもわからず、病院内でまず迷子になり、ガラケーなもんで、、最寄駅とかわかんなくて いろんな人に尋ねながらなんとか帰ってきました。😓つかれた。

やっぱり ガラケーはもう変えたほうがいいかなぁ😅 と 
そんなことを思った日でした。

救急車に乗る” への2件のフィードバック

  1. え!ガラケー⁈ だった⁈
    あ、iPadあればまあガラケーでも困らないか。いやしかし、てっきりスマホだと思ってた。

    いやそれよりもお母さんお大事にしてください。

    1. odaさん
      そうなのー。出かけるとわかっていたらモバイルルータ一とiPod持って出かけるからさぁ。わたしの携帯代やっすいもん、、、なかなか踏ん切りがつかないわ。
      でも今回みたいに突然のときは、ダメねぇ、、、

コメントを残す